Raspberry PiでiBeaconを試してみた

LINEで送る
Pocket

Raspberry Harvesting Squad
photo by Stéfan

Raspberry PiでiBeaconを試してみました。


iBeaconの制御は「Bluez」というオープンソースのBluetoothプロトコルスタックを使います。

環境

今回の環境は以下になります。

Raspberry Pi : Model B+
Bluetoothドングル : I-O DATA USB-BT40LE

今回使ったBluetoothドングルはこれです。

お安い。

作業手順

作業手順は以下になります。

Bluezに必要な各種ライブラリをインストール
Bluezのインストール
動作するか確認
Bluezを使ってみる

Bluezに必要な各種ライブラリをインストール

Bluezを使用するために必要な各種ライブラリをインストールします。

Bluezのインストール

Bluezをインストールします。

makeは結構時間かかるので本でも読んで気長に待ちましょう。

Bluezの動作確認とBluetoothドングルの起動

まずはBluezが動作するかを確認します。

動作できてます。

4行目が「DOWN」となっている場合はBluetoothドングルが停止中なので起動させます。

先ほどの4行目(ここでは5行目)が「UP RUNNING」になりました。Bluetoothドングルの起動に成功です。

Bluezを使ってみる

BluezのiBeacon用のライブラリ「bluez-ibeacon」をインストールしてペリフェラル(送信側)として動作させます。おそらくこのライブラリ使うのが一番簡単そうです。

bluez-ibeacon をインストールします。

bluez-ibeacon で送信してみます。

./ibeacon で使い方が出力されます。

送信情報はGitHubの説明を参考に、

送信する間隔(ms単位) : 200
UUID : e2c56db5dffb48d2b060d0f5a71096e0
Major Number : 1
Minor Number : 1
RSSI値 : -29

に設定しています。

送信の停止は「Ctrl + C」です。

おわり

とりあえずiBeaconの送信までできました。次は受信をやってみようと思います。hcitoolというコマンドでも制御できるようなのでそっちも試したいです:)

参考記事

Raspberry Pi で iBeacon を試してみよう!- エンジニアブログ – スマートフォンアプリ開発、CMS実装|株式会社アイムービック
Raspberry PiをiBeacon化してみた。- missing synopsis

関連記事

Raspberry PiでiBeaconを検知する – Qiita
BlueZで遊んでみる – BLE大阪勉強会 | SlideShare


AD

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*